• japdiv@jac-recruitment.my
  • (60) 3 - 2715 - 5525

就労ビザ(Employment Pass)、マレーシア人との既婚者の方の就労許可(Working Permit)について

就労ビザ(Employment Pass):
外国籍の方が取得する就労許可です。企業側が外国人雇用枠(就労ビザ枠)を持ち、月給RM5,000以上というガイドラインがあります。ただし、企業の資本金額・管轄省庁・業種・事業形態、また候補者の年齢や職務経験など様々な要素で取得の可能性や申請にかかる期間が異なります。就労ビザ(Employment Pass)の取得条件は、一般的には大卒以上は3年以上、ディプロマは5年以上、職業訓練校など技術資格取得者は7年以上の関連した職務経験が必要とされています。有効期限はカテゴリーIが5年まで、カテゴリーIIは2年までとなり、その後は更新する必要があります。

就労ビザ(Employment Pass)は雇用者となる企業が申請するもので、個人申請はできません。またマレーシア国内で転職をする場合には新しい会社にて就労ビザ(Employment Pass)の申請が必要となります。

マレーシアの就労ビザ、ワーキングビザ

就労ビザ(Employment Pass)申請のプロセス

1.必要書類を会社に提出

写真やパスポートコピー等の必要書類を会社に提出します。

2.会社がイミグレーションに必要書類を提出

企業・業界により取得に掛かる時間が異なりますが、一般的に1週間~1ヶ月程度で許可が下ります。

3.ビザ発給認可書(Approval Letter)あるいはシングルエントリービザを取得後、入国。

4.会社にパスポートを提出し、就労ビザ(Employment Pass)を受領



※2018年4月現在の情報ですが、イミグレーションの予告なしにルールが変わる可能性があります。

働く魅力

申請に必要な書類

就労ビザ(Employment Pass)の申請はオンラインで行うため、下記の書類は原本ではなく、スキャンデータを雇用主となる企業が提出することで申請が可能となります。
※一部の企業では原本提出が求められる場合もあります。

最新の英文レジュメ

英文卒業証明書

英文卒業証明書に有効期限はありませんので、転職を検討している場合は予め取り寄せておくと良いでしょう。
海外の大学を卒業し、英文で卒業証書が記載されている場合は、卒業証書のコピーを提出します。

※結婚によって姓が変更になった方で、卒業証明書に記載されている姓が異なる場合は、戸籍謄本(3ヶ月以内に発行されたもの)の翻訳証明が必要になります。

パスポートコピー

有効期限が最低1年半以上、未使用ページが連続6ページ以上残っている必要があります。

顔証明写真

サイズ、背景色の指定があります。

              
働く魅力

配偶者がマレーシア人の場合の労働許可(Working Permit)について

マレーシア人の配偶者を持つ外国人は滞在用のパス(Long Term Social Visit Pass)を取得後、労働許可(Working Permit)を得ることが可能です。但し、企業側からオファーをもらっていることが条件となります。就労ビザと異なり、個人が申請を行います。この労働許可(Working Permit)には有効期限は特にありません。        

申請に必要な書類

オファーレター、雇用契約書、会社の登記書類などが必要です。
必要書類や条件の変更が頻繁にあるため、事前にイミグレーションに出向いて最新情報をチェックする必要があります。

申請に必要な期間

イミグレーションの混雑状況にもよりますが、就労許可(Working Permit)を申請後即日~3日後に発行されるのが通常のようです。



働く魅力

マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)事情

       

就労ビザ(Employment Pass)の取得条件は?取得は難しい?


マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)は、取得条件を満たし、必要書類を不備なく提出すれば、取得が難しいということはありません。

就労ビザ(Employment Pass)取得条件
・企業からオファーをもらっている方(オファーレターに署名し、入社を合意していることが前提)
・月額RM5,000以上の給与であること
・一般的に大卒以上は3年以上、ディプロマは5年以上、職業訓練校などの技術資格取得者は7年以上の関連した職務経験がある方
 (MSCステータスを取得している企業の場合は、大卒以上であれば関連した職務経験がなくても可)
・申請時のパスポート有効期限が18ヶ月以上で、未使用ページが連続6ページ以上あること
・マレーシア国内で転職する方は、所得税(Income Tax)の納付証明書の提出が必要

有効期限に注意を!


就労ビザ(Employment Pass)の有効期限が近くなって来たら会社と本人の同意の上、ビザを更新することになりますが、ビザの有効期限をうっかり忘れ、更新をし忘れてしまうケースが発生しています。海外では、私達はあくまでも外国人で、自分のことは自分で管理しなければなりません。少なくともいつ自分のビザが切れるのか把握しておき、切れる2ヶ月位前には会社に更新が必要なことを伝え、更新の準備をしてもらう必要があります。

万が一、有効期限が切れた後も滞在してしまった場合はオーバーステイとなり、罰金が課されます。ビザの更新にも支障を来たす可能性があるため、就労ビザ(Employment Pass)の有効期限をきちんと覚えておきましょう。

自己応募の場合はより細心の注意を!


企業は管轄省庁とイミグレーションのルールに従い、就労ビザ(Employment Pass)の申請手続きを進めます。しかしながら、企業の中には就労ビザ(Employment Pass)が取得できず、代わりに学生ビザを取得し、就労させていたケースがありました。個人で直接企業に応募する場合は、情報が不十分であることが多々あるため注意が必要です。

詳細はご登録の上、JACリクルートメント・マレーシアのコンサルタントにご相談下さい。

                
news JAC

就労ビザ(Employment Pass)、マレーシア人との既婚者の方の労働許可(Working Permit)に関する弊社ブログ記事はこちら

  • [2018.03.16] マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)最新情報(2018年3月)
            ※参考情報として、JETROマレーシアのページもぜひご覧ください。
  • [2016.10.07] マレーシアの就労ビザ(Employment Pass)最新情報
  • [2016.07.15] マレーシア人との既婚者が就労する場合(就労許可(Working Permit)の申請/更新)
  • [2015.06.23] 就労ビザ(Employment Pass)の期限にご注意を!
  • [2012.12.28] マレーシア人との既婚者用の就労許可(Working Permit)

  •             

    JACリクルートメントを選ぶ理由は?

    ・20年以上の蓄積された豊富な実績と経験
    ・専門性の高いコンサルタントが多数在籍
    ・多種多様なポジションと、様々なエリアへの求人をご紹介


    JACリクルートメントは1975年に英国ロンドンでの設立以来、10カ国26オフィスでグローバルに展開中の人材紹介会社です。
    世界の各地域で企業の発展を担う人材を数多くつなぐ(紹介する)ことで、人と企業と経済と社会をつなぎ、その成長に貢献し続けています。マレーシアではクアラルンプール、ペナン、ジョホールに拠点があります。
    日本人だけでなく、マレーシア人、多言語人材、経営層の就職・転職・求人・採用などお仕事に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。