• japdiv@jac-recruitment.my
  • (60) 3 - 2715 - 5525

マレーシアで働く魅力

マレーシアは多民族国家という背景から他のアジア諸国と比べ英語が通じ、日本人の方でも快適に働くことができる国です。そんなマレーシアの働く魅力について6つ挙げています。

マレーシアで働く魅力

東南アジアの成長国

東南アジアの中でも高いGDPを誇るマレーシア。そんな成長国で自らの成長も実感でき、将来のキャリアを磨く場として最適な国です。

多民族国家で外国人が暮らしやすい

古くからの親日国で多民族が集まって暮らしているため外国人という疎外感を感じることはなく、またインフラやインターネットなども整っており、生活にそれほど不自由はありません。

英語が通じる

公用語はマレー語ですが、民族間やビジネスでの共通語として英語が準公用語として使用されているため、生活でも仕事でも英語が話せれば支障はありません。

ワークライフバランスの実現

マレーシア人の多くはワークライフバランスを重視し、仕事とプライベートを切り分けているため、自分の時間や家族との時間を大切にします。日本人でもそのような働き方が実現可能です。

物価が低く広い居住スペース

物価が日本の2~3分の1でまた住宅費が高騰しているシンガポールや香港と比べ、安い家賃で広いスペース、プールやジム付きのコンドミニアムに住むことが出来ます。

比較的良い治安

政治や宗教の大きな衝突もなく、日本人の海外移住先として長年第一位に選ばれています。もちろん日本ではないので、常に最低限の防犯意識は持つことは必要です。