Connecting...

記事一覧に戻る

人材市場動向レポート:2017年第2四半期

Posted 1年以上 前 by JAC Recruitment Malaysia

W1siziisijiwmtkvmdivmtuvmdivmjgvmzmvmjyxl3nodxr0zxjzdg9ja18xnje0ndy5ntugkewplmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiodawedm1mcmixv0
「アジア各国のホワイトカラー人材紹介市場の動向」は毎四半期に発行されております。当レポートのアーカイブはこちらからご覧になれます。
こちらに記載されている情報は2018年3四半期レポートのマレーシアのみの部分となっております。レポートの完全版をご覧になるにはこちらをクリックください。


マレーシア市場動向レポート


求人数は前年同期比で-3%と微減 基本給 8 千リンギット(※)以上の人材は引き合いが強い傾向 に

5 月 22 日に JACTIM(マレーシア日本人商工会議所)が発表し た 2017 年上半期の景気動向調査によると、業況判断 DI (*)は 2016 年下半期の-17.8 ポイントか ら-8.8 ポイントに改善し、予測値も -0.7 ポイントと景気回 復の兆しが 見えています。一方で、資金繰り 状況 DI は前回の 15.8 ポイントから 2.7 ポイントに悪化し、楽観 は出来ない状況です。この背景から多くの企業がこれ以上影響 を受けることを懸念し、為替の動向を注視しています。

5 月に Vistage-MIER(マレーシア経済研究所)が発表し た経済 動向信頼感指数によると、第 2 四 半期は 89.6 ポイントと前 4 四半期 の 81.1 ポイントから 3.2 ポイント 上 昇し、JACTIM の調査を裏付け る結果となっています。 (*) (「よい」とした企業数-「悪い」とした 企業数)/回答企業数。

【求人数】
  対前年四半期比 97%
  対前四半期比 94%

企業の採用動向

  • 春節(旧正月)前後から活発化していた採用は落ち着きを見 せ、求人数は第 1 四半期対比で 6%減少となりました。日系企 業で 10%、外資系企業で 6%減少した一方、現地のローカル企 業の求人は 27%の増加となりました。前年の対第 2 四半期比 でも全体で 3%の減少となりましたが、基本給が 8 千リンギット (※)(シニアマネジャー職)以上の層については、43%と大幅に 増加しています。特に経理(連結財務や中期計画策定)・人事(評 価制度や人事企画)、生産・品質管理、海外営業などの分野で シニア層への引き合いが強くなっています。(※)8000 リンギット =約 208,000 円。1 リンギット 26 円で計算。
  • 第 1 四半期に引き続き、日系・外資系企業ともにマレーシア人 を採用し、国外での活用、もしくは母国で研修の上将来の幹部 候補として養成するケースが増えてきています。
  • 高速道路の建築プロジェクトが進んでおり、それに関わる地場 企業からの求人が増加しています。


求職者の動向

登録者数は第 1 四半期とほぼ横ばいとなりました。前四半期に 較べ求職者の動きは一段落しましたが、営業や製造業エンジニ ア系人材の登録は活発に活動を続けています。

 

御社の採用ニーズに関してのご相談

■ マレーシアでの人材確保のご相談は是非お問い合わせください。業界・業種に精通したコンサルタントがご相談をお受けいたします。