Connecting...

Back to articles

マレーシア 所得税の確定申告について(2020年3月)

Posted 4ヶ月 前 by JAC Recruitment Malaysia

マレーシア 所得税の確定申告について(2020年3月)

3月になりマレーシアは所得税の確定申告の時期となりました。まだ時間があるし・・・と後回しにしていると、あっという間に4月末の申告期限がきますので、できれば早めに済ませてしまいましょう。

 

マレーシアで会社勤めをしている方はTABLE OF MONTHLY TAX DEDUCTIONSに従って毎月の給与から所得税が引かれていますが、1暦年(1月1日~12月31日)の収入が確定した翌年の3月~4月にLHDN(税務署)のウェブサイトにてオンライン申告を行います。

 

そして、不足があれば追納、過払いがあれば還付の手続きを済ませます。

1年に一度の申告でやり方を忘れてしまいがちですので、申告手順*を確認していきましょう。

*既にアカウントを持っている方の手順になります

 

①EA Form 2019を用意

2019年の年収と納めた税金が記載されている書類です。会社からこれを使ってオンラインで申告するようにと渡されます。

 

②LHDN(税務署)のウェブサイトにログイン

HASiLのページ( https://ez.hasil.gov.my/CI/ )にてパスポート番号を入力、次の画面でパスワードを入力→Hantarをクリック

 

※ウェブサイトは英語表示にできるので、マレー語が分からない方は初めから画面上部に出ている言語選択でENを選びましょう。

※初めてオンラインにて確定申告をする方は、事前に税務署に出向きPINを取得する必要があります。

 

③e-filingの中のe-BE Assessment Year 2019を選択、入力

会社勤めの方が使用するフォームはe-BEです。e-BE 2019を選択して入力していきます。

 

Particulars of Individual

過去の記録を基に個人情報が自動的に入力されています。内容に間違いがないか確認、変更や間違いがあれば修正します。

また、必須項目が入力されていないとエラーとなって次の画面に進みません。印がついている部分を入力しましょう。

※「Citizen」がJapaneseになっているか確認しましょう

 

Statutory income, Total income

EAフォームに記載されている年収を入力

 

Deduction

マレーシアで加入している保険やパソコン、書籍の購入などは免税の対象になります。対象になるものがある場合は金額を忘れずに入力しましょう。

※申告した金額が正しいか後日税務署からレシートの提示を求められることがあります。レシートの確認はランダムに行われているようなので、申告が終わってもレシートは捨てずに保管しておくことをお勧めします。

 

④入力内容に間違いがないか確認後、Sign and Submit

入力した情報を基に自動的に+-が計算され、数字が反映されます。不足や過払いがあればここで金額が分かります。

 

⑤この内容で申告を確定して良ければパスポート番号とパスワードを入力

これで申告は終了です。この後にe-BEとe-Filingフォームを印刷してください。(もしくはPDFにして保管)

ウェブサイトにログインすれば後から印刷することもできますが、マレーシア国内で転職するときや、Employment Pass(就労ビザ)を更新する際に必要になりますので、手元に残しておくと便利です。

 

最後に・・・

不足がある場合

e-FilingページのBalance of Tax Payableに不足金額が入っており、その横に表示されているByrHASiLの文字が赤く点滅します。(かなり目立つのですぐに分かります)

そこをクリックすると支払いページに飛びますので、登録している銀行口座から送金をして不足分を支払います。

※支払い手続き自体は簡単なのですが、このページはマレー語のみです。マレー語が分からない方はマレーシア人に立ち会ってもらい、意味を確認しながら行いましょう。

途中から銀行のオンラインバンキング画面に飛びますので、ご自身のパスワードや個人情報管理にお気をつけください。信頼のおける人に手伝ってもらいましょう。

 

還付金がある場合

e-Filingページの Tax Paid in Excessに過払い金額が入っています。

登録している銀行口座に振り込まれますが、 振り込まれるまでの所要期間は数週間、数カ月、半年・・・と様々です。気長に待ちながら、時々確認をしましょう。

 

JACマレーシアではTwitterを始めました。セミナー開催情報など、いち早く情報をお届けしていますのでぜひフォローをお願いします。また、Facebook、Instagramでもマレーシアでの就職・生活情報を発信していますのでそちらもぜひご覧ください。

  

Share this article